カードローン 葬式 費用

葬式の費用の消費者金融の利用

ライフプランのなかには、お葬式の費用がありますが、お葬式こそ突然やってきますので、お葬式の費用に困ったら消費者金融のお葬式のカードローンをおススメします。

 

無くなった人の財産があるから大丈夫と思っていても、本人が亡くなると本人名義の口座は一斉に凍結されてしまい、本人の口座からお葬式の費用を引き出すわけにはいかないのが現実です。

 

今現在はお葬式が簡略化されたり、家族葬といって家族だけで行うお葬式など様々ですが、平均ではお葬式に80万円ほどかかっているようです。

 

この突然の出費にも消費者金融のカードローンなら、即日融資も可能ですので、慌てないですみます。

 

また、故人に資産があると相続税を10ヶ月以内に収めなければなりません。その時に相続税の対象が故人名義の家に住んでいるなら、現金は入らないのに、相続税を納めるお金を用意しなくてはいけなくなります。

 

そんな時も消費者金融のカードローンを利用することをおススメします。ちなみに、故人の口座の凍結解除には、面倒な手続きがあります。遺言書があれば比較的簡単なようですが、遺言書がない場合には相続する権利のある人の全員の話し合いが必要になります。

 

そして、手続きに必要な書類には亡くなった人の戸籍謄本に、相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明が必要になり、相続人全員の実印が押された銀行所定の用紙で相続届を行います。手続きに必要な書類は銀行によっても違いますから、必ず銀行に確認を取ってください。

 

相続のことで揉めたり、行方不明の相続人がいるなどで相続人全員の意見がまとまらず、長い間凍結解除ができないケースも多いようです。